インスペクションとは?

ホームインスペクションはいわば住まいの「健康診断」です

九州ホームインスペクターズでは、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会(JSHI) 公認の「ホームインスペクター(住宅診断士)」が、お住まいの劣化状況や欠陥の有無、改修すべき箇所やおおよその費用などを診断するホームインスペクションを行なっています。

どんな建物でも、竣工を迎えた日から風雨にさらされ、場合によっては、壁にヒビが入ったり、コケが生えたり、雨漏りしたりと劣化が徐々に進んでいます。

こちらでは、ホームインスペクションついて、メリットや注意点を含め、くわしくご紹介します。

なぜホームインスペクションが
必要なの?

住宅の売買時に必要です!!

住宅は大きな資産価値を持つものであり人生で一度あるかないかの大きな買物です。後でトラブルになったり、後悔しないためにも、購入・売出の前にはその住宅に問題がないかしっかり調べることが大切です。そこでオススメするのが「ホームインスペクション(住宅診断)」です。
米国の住宅取引ではホームインスペクションを行うことは常識となっており、全体の70~90%の割合で利用されるサービスになっています。

いつホームインスペクションが必要なの?

「申し込み後、契約前」がベストタイミング!

住宅購入では申し込みをしておけばまだ契約には至らないものの、その物件を押さえることができます。
この段階でホームインスペクションを行い、万が一建物に大きな問題が見つかった場合には、まだ契約していないことで購入をやめることができます。また、ホームインスペクションの結果によって修繕の目安もわかるので、購入後の資金計画も立てやすくなります。